ドクターホワイト原作は韓国ドラマ?小説と設定は違う?

2022年1月17日よりスタートするドラマ「ドクターホワイト」

主演は若手人気女優の浜辺美波さんが務めることもあり、今から期待が高いドラマのひとつです。
そんな期待の高い「ドクターホワイト」ですが、最近ではよくある韓国ドラマのリメイク版、もしくは漫画原作のドラマなのでしょうか?

期待値の高い「ドクターホワイト」がリメイク版なのか原作があるのかを、ご紹介していきます。

関連記事:ファイトソングは韓国ドラマ原作?恋つづやボス恋に似てる?

ドクターホワイト原作は韓国ドラマではなく日本のシリーズ小説

人気女優の浜辺美波さんが初の医療ドラマで主演を務める「ドクターホワイト」
医療ドラマは人気が高く、見応えもあり今からワクワクしますよね。

そんな「ドクターホワイト」ですが・・調べてみたところ、韓国ドラマのリメイク版ではありませんでした!また最近多い漫画が原作のドラマでもありませんでした。

「ドクターホワイト」は、日本のシリーズ小説が原作となっているテレビドラマです。

では、原作となっている小説の原作者は誰なのでしょう。
あらすじと共にご紹介していきます。

ドクターホワイト原作どんなストーリー?

医療ジャーナリストの狩岡将貴は、ある日ランニング中の公園で素肌にたった1枚白衣だけを身につけて倒れている女性を発見する。
狩岡は病院へ彼女を運びますが、意識を取り戻した彼女は自分の素性を一切明かそうとせず、「白夜(びゃくや)」とだけ名乗る。

白夜は狩岡の持病である慢性胃炎の原因を言い当てたり、どんな病気も言い当ててしまう驚異的な医学知識と天才的な診断能力を持っていた。
医療関係者のような口ぶりで病気や原因を言い当てていく白夜だが、それ以外の記憶はすべて失ったいた。

狩岡は友人で刑事の奥村に白夜の素性を調べてくれるよう頼み、行く当てのない白夜を自宅へと連れて帰ることに。事故で両親を亡くし狩岡と2人暮らしの妹晴汝は、白夜を歓迎し何かと世話を焼くようになる。

患者の命を救っていく謎めいた白夜、彼女は一体何者なのか、どこから来たのか・・

謎の女性白夜の正体は、明かされていくのでしょうか・・。

ドクターホワイト原作者は「金田一少年の事件簿」の作者

「ドクターホワイト」の原作となっている、小説の原作者は誰なのでしょうか。

気になる原作者ですが、「金田一少年の事件簿」や「神の雫」など大ヒット作を手掛けられた
樹林伸さんです。
漫画原作者として数々のヒット作品を生み出し、数多くがテレビドラマ化されている樹林伸さんの小説がテレビドラマ化されることもあり、どのような展開になっていくのか、ますます期待が高まりますね。

 

ドクターホワイトドラマは小説と設定違う?

小説が原作となっている「ドクターホワイト」ですが、小説と異なる部分はあるのでしょうか。

結論から言うと・・現在のところ小説とドラマで設定は大きく変わりはないようです。

ドラマのキャスト陣やあらすじを見る限り、小説に出てくる登場人物とドラマの登場人物に変わりはありませんでした。

あくまで発表されている現在のキャスト陣を見る限りなので、今後ドラマの物語が進むにつれて原作にはない人物が登場する可能性もあるかも知れませんね。

 

ドクターホワイト放送日時やキャストは?

期待値の高いドラマ「ドクターホワイト」ですが、気になる放送日はいつなのでしょう。
登場人物も誰が誰の役をするのか気になるところですよね。

ここでは、「ドクターホワイト」の放送日や、出演するキャストをご紹介していきましょう。

放送日:2022年1月17日 月曜10時スタート(初回15分拡大)
キャスト
・白夜・・・浜辺美波
・狩岡将貴・・柄本佑
・高森麻里亜・・瀧本美織
・狩岡晴汝・・岡崎紗絵
・西島耕助・・片桐仁
・仙道直樹・・高橋努
・佐久間新平・・高橋文哉
・夏樹拓実・・勝地涼
・奥村淳平・・宮田俊哉
・高森勇気・・毎熊克哉
・真壁仁・・小手伸也
・高森巌・・石坂浩二

ドクターホワイト原作とドラマ設定は違う?まとめ

いかがでしたか。

2022年1月17日スタートの新ドラマ「ドクターホワイト」についてご紹介しました。

人気が高い医療ドラマ、医療ドラマ初主演となる主人公に浜辺美波さん、小説原作者は樹林伸さんと今から楽しみですね。

「ドクターホワイト」のあらすじを見る限り、数多くの医療ドラマはありましたが、新感覚な医療ドラマであることは間違いなしです!
一般常識を持ち合わせてないが、驚異的な医学知識と天才的な診断能力で患者の命を救っていく白夜が、今後物語が進むにつれどのような謎が隠されていたのか・・も見所となってくるでしょう。

今から、ドラマのスタートが楽しみです!

ドラマ
ブルーアワー

コメント

タイトルとURLをコピーしました